Home > 建設業許可申請業務

スタッフブログ|大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所

建設業許可申請業務

建設業許可申請での更新ミスとケアレスミス

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可申請での更新ミスとケアレスミス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可申請でのケアレスミス ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可申請での更新ミスとケアレスミス」についてです。

建設業許可申請では5年に1回の更新と決まっています。建設業許可の有効期限は、許可のあった日から5年目の対応する日の前日をもって満了、と制度上なっていますので忘れないように気をつけないと失効してしまいます。
もし忘れていた際には再度取得申請が必要になりますので、手続が面倒で時間がかかる以上に仕事上での問題が生じることがあるので気をつけないといけません。
さらに、この再申請の間に仮に工事を行ったりすれば業法違反になってしまいます。

忘れがちですが、建設業許可要件に必要な経営業務管理責任者や専任技術者、もし退職して際にはどうなるか・・・。
再度選任しないといけません。

「経営業務管理責任者や専任技術者に変更があった場合、その変更届は提出済ですか?」

法人の場合、許可の取得後に役員を変更することによって、実は経営業務の管理責任者を役員から外してしまったということがよくあります。
経営業務の管理責任者や専任技術者がいることは、許可を受けた建設業者として常に満たしていなければならない要件です。
新任者が不存在で1日でも空白期間が生じた場合には許可が失効することにも繋がりかねません。

会社では人の退職や定年などは必ずつきものですが、建設業許可要件を常に満たすことが必要、ですので、会社の重要事項の変更の際にはこういった部分を気をつけないといけません。
御社では大丈夫ですか???

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可申請と形式的要件

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可申請と形式的要件
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可申請と形式的要件 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可申請と形式的要件」についてです。

日本の役所には形式的審査権しかありません、実質的審査権はないわけです。
形式的審査権とは、形上満たしているのかどうかなど内容の検討について審査することしかできないわけです、となると犯罪行為を行って文書を偽造して審査を行ってもらいその結果建設業許可申請を行った場合・・また、申請許可が通った場合・・には現実と異なることになるわけです。

明らかに偽造とわかれば却下もできますが、綿密に偽造すればさすがに真偽を見破ることは難しくなります。
そのため、1、申請者、2、内容が本当なのかどうか、という確認を行わないといけないので書類が多くなってしまうわけなのです。その結果、真実性担保がなくても実質的審査権に近いような形で運用がなされているといえることです。と、考えていけば目的が担保されれば法令で決まってない書類でも、その目的がしっかりと実現できれば問題ないのでは・・という考え方も成り立つわけです。

このあたりは経験と代替方法などの提案の可能な余地が潜んでいるといえることでしょう。
ベテランやその道数十年というプロに任せたほうがいい部分はこういった部分にあります、建設業許可申請は江本行政書士事務所にまずはご相談ください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可における不良不適格業者

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可における不良不適格業者
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可における不良不適格業者 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可における不良不適格業者」についてです。

大阪府の建築振興課では不良不適格業者を排除しようとしています。また、国土交通省でも、地域の施工力のある中小建設業者を残すために積極的に不良不適格業者を排除していくように務めています。
技術力や施工能力を全く有しないペーパーカンパニーが仕事を請け負ってしまうと、結局様々な面で不都合が生じます。建設物に対しての不安感もそうですし、納期や完成後のメンテナンスなど、技術力ない企業は極力排除しようとしてます。

許可申請におけるその他の条件である欠格要件もそうですが、許可を与えるということは一定の基準を満たしているからであり、その基準がない場合には除外されるべきであるのは当然です。
・建設業許可や経営事項審査の申請書に虚偽記載している場合
・営業所の専任技術者や工事現場の技術者が適正に配置されていない場合
・公共工事について、請け負った建設工事の全部を一括して他の業者に下請負させている場合
この点に加えて、保険未加入企業などの場合も建設業許可申請において欠格要件として検討される場合も出てきます。

どちらにしろ、建設業の健全な発展においてはこのような建設業法上の処分を行うなど不正行為に対する適切な処分・改善指導等を通じて改善を行ってます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可と火災関係の消防施設工事業

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可と火災関係の消防施設工事業
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可と火災関係の消防施設工事業 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可と火災関係の消防施設工事業」についてです。

建設業全28業種詳細の中に、消防施設工事業があります。消防施設工事業は、火災警報設備、消火設備、避難設備若しくは消火活動に必要な設備を設置し、又は工作物に取付ける工事で、屋内消火栓設置工事、スプリンクラー設置工事、非常警報設備工事などを指します。

建設業許可ではまずは28種類のうちのどの業務なのかを確認しないといけません。建設業許可申請手続において、誤った分類をして申請をしてしまうと、当然ながら許可が下りない場合もありますので確認いただくのですが、この消防施設工事業は空気が乾燥した冬場の季節になると思い出す機会が多くなります。

劇場、デパート、ホテルなどの建物には必ず「非常口はこちら」の緑色のライトがあるのですがあれは消防法などで作らないといけないと決まっています。その設置などが業務内容になってきます。具体的にいうと一定の施設では、非常口への誘導設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により義務化されている、わけです。

火災が発生しやすい季節になってきました、江本行政書士事務所で許可申請を取得した消防施設工事業の企業様の活躍で、まさかの火事の際には被害を最小限に食いとどめていてくれれば・・そんな気持ちで冬を過ごしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可票と金属看板

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可票と金属看板
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可票と金属看板 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可票と金属看板」についてです。

建設業法第40条の記載には、「建設業の許可を受けた者は、必ずその店舗及び工事現場ごとに、公衆の見やすい場所に標識を掲げなければ成りません。」と、あります。建設業許可申請を行い取得した後にはその許可の標識を表示することが義務になっています。

許可票ですが現場用の場合もありますが許可取得すぐなら事務所や会社の入り口に許可票を置くケースが多いかと思います、許可票の種類も多々ありますが、ステンレス製の文字を凹文字にする場合もありますし、真ちゅう製の場合もあります。額縁をセットしたり掘り込み仕上げで重厚な趣を出す場合もあります。

ちなみに行政書士事務所も建設業許可票と同じような真ちゅうやステンレス製の許可票を作る場合も多いです、その他、宅地建物取引業(不動産)の場合にも同じような許可票を作る場合も多いです。やはり許可があることは信頼性にも繋がりますし、その文言などを見て、また格調高い文章などで信頼が生まれるということもあるかと思います。

また事務所内に設定する場合や屋外に利用する場合などその用途に合わせた紹介をすることも大事です。
一度注意深く見ていただければ、そのような建設業の許可票の種類の数々もご覧いただけるかと思います・・。たかが許可票、されど許可票、こだわりを持ちたい部分ですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可申請の相談会相談員として

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可申請の相談会相談員として
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可申請の相談会相談員として ■

 

あけましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いします。
2012年の最初のブログのテーマですが、 「建設業許可申請の相談会相談員として」です。

江本行政書士事務所では建設業許可業務を中心に許認可業務を行っておりますが、専門家の力を借りずに自分で許可申請を行おうという場合のお客様もいらっしゃいます。
そして行政ではそのような方のために、相談できる窓口を作りサポート体制を行っております。

よく区役所や市役所などで法律相談などのサービスを行っている場合がありますが、そのような行政サービスの一環として建設業許可申請にあたってもサポート体制をとっています。
大阪府行政書士会の無料相談会

その分野の専門家が相談員として待機することで市民や府民のみなさんのお困りごとに対応しています。
大阪府行政書士会の社会貢献事業の一環なのですが、こういった社会活動も非常に大事と考えてます。

代表もこの相談会の相談員を行いサポートしたこともあったのですが、一事業という視点だけではなく、地域の中に生かされている存在と考えていけばどんな営業や利益を生む事業自体も社会貢献は必ず必要だと思います。そういった社会のためにもなる活動を、新年2012年は考えていきたいと思っています。

このブログによる情報発信も誰かの琴線に触れ、お役に立てれば・・と思います。
では今年もどうぞよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

建設業許可と屋上緑化のなんばパークス

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可と屋上緑化のなんばパークス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可と屋上緑化のなんばパークス ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可と屋上緑化のなんばパークス」についてです。

なんばパークスに行った事はありますか?
なんばパークスはなんば駅の出てすぐのところにある商業施設ですが、ここは昔プロ野球の南海ホークスのあった球場がありました、かなり昔なので今から30年くらい前になる話です。

その球場を壊して再開発を行うことになり現在のなんばパークスが建築され人々の憩いの場所になっています。
そしてこのなんばパークスには緑化施設がたくさんあります、自然と人間の共存なのですがこういった緑化などの仕事を行うには一定の工事が必要ですしまた建設業許可というものも必要になってきます。

都心のど真ん中に施設と共に緑があるのはいいことだと思います、建設業は人々を幸せにする仕事です。
その建設業を江本行政書士ではバックアップいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可の許可有効期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可の許可有効期間
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 建設業許可の許可有効期間 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「建設業許可の許可有効期間」についてです。

許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の対応する日の前日をもって満了する、となっています。
このように書くとその当日が土日など官公庁が閉まっている場合にはどうなるのか??ということが気にかかりますがそういった土日や祝日などの事情は一切考慮いたしません。日曜であっても祝日であってもストライキがあっても行政庁の休日であっても、その日をもって満了することになります。 そして、この手続を怠ってしまうと期間満了とともにその許可の効力を失ってしまい営業を行うことができなくなります。

そしてその場合には再度新規で取得したときと同じような手続を行わないといけなくなってしまいます。
とても時間もコストも無駄になってしまうので、この有効期間は決して忘れないようにしていただきたい期間ですね。許可の更新手続、本当にお忘れなきようお願いいたします。
ただこの更新というものはよく忘れてしまうことがあります、公共料金の振込みを忘れたり家賃を忘れたりなど、明確な悪気があったわけでもないのですがついうっかり多忙さにかまけて費用の支払いを忘れてしまうなどもよく経験あるのではないでしょうか。

といっても建設業許可の更新手続を忘れることは決してなきように・・・。
くれぐれもお気をつけください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バルセロナのサグラダ・ファミリア教会と建設業

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バルセロナのサグラダ・ファミリア教会と建設業
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ バルセロナのサグラダ・ファミリア教会と建設業 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「バルセロナのサグラダ・ファミリア教会と建設業」についてです。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会なんですが、先日サッカーのクラブワールドカップという試合を見てまして、バルセロナの試合を見ながらふと感じたことです。

試合はバルセロナが圧勝して、メッシがゴールを決めるという活躍するべく人が活躍するゲーム展開で、見ている素人目にも「バルセロナというチームはうまい、相手よりも圧倒的にうまい。」と感じるゲーム展開でした、ところでそのバルセロナはスペインのバルセロナ市のチームなので、サッカーで言うと京都サンガ、みたいな京都と言っているようなものです。

このバルセロナですが、サグラダ・ファミリア教会という世界遺産があります。サグラダ・ファミリア教会は、1882年に建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受け着工したものの、一旦挫折しその後アントニオガウディが設計しそのまま引き継がれている建物です。

建設業許可申請を行いながら感じるのは、申請許可を行い取得できた後、企業様でもこういった世界遺産になるような素晴らしい建物を作ってくれれば仕事冥利に尽きるな・・とふと感じたりします。世界最古の木造建物法隆寺しかり、日本には素晴らしい宮大工などが今もその歴史を残していて建設業界でも世界的に見て日本の建物は高い価値があるそうです。

歴史に名を残すような、バルセロナのような素晴らしいプレーが記憶に残るような、そんな仕事をしたいものですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生駒ビルジングと建設業許可申請

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 生駒ビルジングと建設業許可申請
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

■ 生駒ビルジングと建設業許可申請 ■

建設業許可申請のお手伝い、江本行政書士事務所のスタッフ松田です。
今回は「生駒ビルジングと建設業許可申請」についてです。生駒ビルジングなんですが、大阪市内北浜にあります。実は生駒ビルジングは国の登録有形文化財に指定されているという建物です。
生駒ビルジングは生駒時計店が昭和5年に新築したアール・デコ様式のモダン建築で、外観はもとより、入口正面のイタリア産大理石を使った階段やステンドグラスなどに歴史の趣きがあります。

外から見るとその趣が伝わります、堺筋線を北上してくると左手に見えるビルですのでご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。
1905年、昭和5年の建物なので今から100年以上も前。

さらに詳しい地図はこちら >> Google Maps

大阪市内には中央公会堂を含め堂島ビルジングなど数々の歴史的にも有名な建物が存在しています。

特に古い建物などは「ビルジング」という名前が多くその伝統と歴史を感じます。ふと大阪を歩くとそういった素晴らしい建物の息吹を感じますが、建設業許可申請の仕事はこういった建物を作るみなさんのお手伝いを行う仕事です。いろいろな許可申請を行う中で、また今日もどこから大阪市民や大阪府民、観光客の方が感動し写真にも撮影してもらえる建物を作っているのかなと思うと嬉しいですね。

ビルを見るとふとそのようなことを考えます・・。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪府の建設業許可申請なら江本行政書士事務所
────────────────────────────
大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 / 512345

ホーム > 建設業許可申請業務

このページの先頭へ