建設業許可申請・建設業の許可を取りたい

建設業許可の申請は建設業を営むための許可をとる場合に派必ず行わなければなりません。

建設業には建築一式工事や土木一式工事、管工事など28業種もの工事業の種類があります。

どの業種の許可の取得を希望しても、建設業許可を取得するには、次の5つの必須の条件をクリアしなければなりません。

建設業許可の5つの条件

建設業

  • 経営管理責任者がいること   ←詳しくはこちらをクリック
    建設業の経営に総合的に管理したり経営したことの経験をお持ちで常勤の方がいること。 
  • 専任技術者がいること    ←詳しくはこちらをクリック。
    許可を取ろうとする建設業に技術的に精通しておられる常勤の技術者の方がおられること。  
  • 事務所があること   ←詳しくはこちらをクリック。
    賃貸の事務所はもちろんOKですが、賃貸の住居でも可能な場合が有ります。ご相談下さい。
  • 財産的基礎があること。  ←詳しくはこちらをクリック。
    一般建設業の場合は、直前の決算で500万円以上の自己資本があるか、500万円以上の残高証明があること。他にも可能な条件があります。
  • 欠格要件に該当しないこと。  ←こちらにもっと詳しく。
    成年被後見人や、破産者ではないこと。暴力団関係者も不可です。他の条件も上をクリックか、ご相談下さい。

 

建設業許可の申請は、提示書類、添付書類等の基準等がよく変更される、随分と奥の深い申請です。
「この基準の意味が判らない」、「これでいいのかな?不安だ」などということがありましたら、何なりとお申し付け下さい。
当事務所は、皆様のお役に立てるべく、親切丁寧に対応致します。

 

こんな場合はどうかな? と思ったら、こちらまでお電話を!!

建設業許可申請のお問い合わせ・お見積もりは 06-6314-6320