専任技術者

専任技術者について

建設業許可のもう一つの重要な人的要件があります。

各営業所に技術者を選任で配置していること。

建設工事について専門知識を有する常勤で選任の技術者の指導の下で適正な建設業が行われる体制を持つことが求められます。

専任技術者が工事現場の主任技術者を兼任する場合の条件として、

  • 当該営業所において請負契約が締結された建設工事であること。
  • 工事現場の職務に従事しながら営業所の職務にも従事できる程度に営業所と工事現場が近接していること。
  • 当該建設工事が、主任技術者等の工事現場への選任を要する工事(公共性のアル工作物の工事で請負契約2,500万円以上(建築一式工事では5,000万円以上))でないこと。

専任技術者の技術資格要件

一般建設業の専任技術者

  • 一定の国家資格者
  • 許可を受けようとする建設業に係る建設工事について、一定期間以上の実務経験を有すること。
  • その他

 

特定建設業の場合

  • 一定の国家資格を有する者
  • 一般建設業の専任技術者要件を有し、かつ、許可を受けようとする建設業に関して、発注者から直接に4,500万円以上の請負代金の工事で、更に、建設工事の設計、施工の全般について工事現場主任や現場監督者の様な立場で工事の技術面を総合的に指導した経験を2年以上を有すること。(指導的実務経験)
    この実務の経験の期間は、具体的に携わった建設工事に係る経験期間を積み上げ合計して得た期間です。(経験期間が重複しているものは二重に計算しません。)

    常勤性の確認については、Q&A「経営管理責任者の在職証明はどうすればいいのですか」にアップしました。

この件は、どうしよう?? と思ったら、  ↓

建設業許可申請のお問い合わせ・お見積もりは 06-6314-6320 建設業許可申請のお問い合せのメール

 

<