経営管理責任者

経営業務の管理責任者がいることとは・・・。

建設業許可の人的要件で、経営業務の管理責任者という資格があります。

この人的要件は、建設業の業務について、常勤の役員の内の一人、個人の場合は本人または支配人の内の一人が

  • 許可を受けようとする建設業に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験があること。
  • 許可を受けようとする建設業以外の建設業について7年以上の経営業務の管理責任者としての経験があること。
  • 許可を受けようとする建設業に関し、7年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって、経営業務を補佐した経験があること。

という経営経験を持っている 経営管理責任者 が在籍していなければなりません。

経営業務の5年以上あるいは7年以上の経験の確認資料

では、その経営経験はどのようにして立証するのでしょうか、法人の場合と個人の場合についてそれぞれ少しずつ違います。

◎  法人の役員としての経験を確認するための書類(以下のすべての書類)
  • 当該法人の役員としての経験年数分の商業登記簿謄本(役員欄の閉鎖謄本等)
  • 当該法人の経験年数分の法人税の確定申告書のうち、 税務署の受付印のある別表一
  • 決算報告書
  • 役員報酬手当及び人件費等の内訳書
  • 当該法人の経験年数分の建設工事の内容及び工事期間が確認できる工事契約書、注文書又は請書、請求書等
◎ 個人事業主としての経験を確認するための書類(以下のすべての書類)
  • 個人事業主としての経験年数分の所得税の確定申告書のうち、税務署の受付印のある第一表
    (第一表に税務署の受付印はないが第二表に税理士等の記名捺印がある場合は第二表も必要)
  • 個人事業主としての経験年数分の建設工事の内容及び工事期間が確認できる工事契約書、注文書又は請書、請求書等
  • 過去に建設業の許可を受けていた建設業者(現在も引き続き建設業の許可を受けている者を含む。)
    での経験を確認するための書類
■ 過去に経営業務の管理責任者として証明されている場合(以下の書類)
  • 建設業許可申請書の一部(受付印又は確認印のある表紙及び経験年数の証明期間に該当する経営業務管理責任者証明書(様式第7号))又は変更届の一部(受付印又は確認印のある表紙若しくは完了通知のはがき及び経営業務管理責任者証明書(様式第7号))
■ 過去に経営業務の管理責任者として証明されていない法人の役員又は個人事業主における経験の場合
  (以下のすべての書類)
  • 建設業許可通知書(経験年数分)
  • 建設業許可申請書の一部(受付印又は確認印のある表紙及び経験年数の証明期間に該当する経営業務管理責任者証明書(様式第7号))又は変更届の一部(受付印又は確認印のある表紙若しくは完了通知のはがき及び経営業務管理責任者証明書(様式第7号))
  • 決算変更届の一部(直近に提出された受付印又は確認印のある表紙若しくは完了通知のはがき)
  • 法人の役員の場合は、当該法人の役員としての経験年数分の商業登記簿謄本(役員欄の閉鎖謄本等)

この経営管理責任者は、行政から常勤性が求められますが、その常勤性の確認についてはQ&Aにアップしました。

 

こんな時は、どうだろうか?? と思ったら、  ↓

建設業許可申請のお問い合わせ・お見積もりは 06-6314-6320 建設業許可申請のお問い合せのメール