建設業許可の営業所の条件

建設業許可を取るには、建設業専用の営業所を持たなければなりません。

自宅の勉強部屋と共用ですよ!というスペースでは、とても建設業許可はとれません。

建設業の営業所を持つこと。

営業所の使用権利関係において建設工事の請負の営業ができる事務所であること。

  • 本店である営業所の場合、経営業務の管理責任者、専任技術者が常勤する事務所であること。
  • 本店以外の営業所の場合、建設工事の請負に関する権限を代表取締役、役員会から委任を受けた者(支店長等)及び専任技術者が常勤する事務所であること。
  • 事務所としての形態(事務所で使用する電話、机、帳簿等の保管スペース等)があること。
  • 許可を受けた建設業者にあっては、本店、支店の営業所の公衆の見やすい場所に建設業法に基づく標識を掲げていること。

営業所の使用権限についての立証書類についてはQ&Aを参照して下さい。
→ 営業所の要件の証明はどのような者を用意すればいいですか。

独立した営業所についてはQ&Aを参照して下さい。
→ 独立した営業所とはどういうことですか

 

建設業許可をとる!、 と思ったら、 ↓

建設業許可申請のお問い合わせ・お見積もりは 06-6314-6320 建設業許可申請のお問い合せのメール