Home > アーカイブ > 2012-10

先生ブログ|建設業許可経審申請が専門の行政書士のブログ

2012-10

建設業許可申請に健康保険等の加入の取扱い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可申請に健康保険等の加入の取扱い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

平成24年5月に建設業法の施行規則が改正され、11月1日から社会保険等の加入についての取扱が決まりました。
建設業許可申請書に新しい書式が追加され、また、社会保険、雇用保険の加入を証明する書面の添付が必要となります。

社会保険の加入を証明する書類は、

ア.許可申請時直前の保険料納付に係る「領収証書」
イ.許可申請時直前の保険料納付に係る「社会保険料納入証明書」
ウ.許可申請時直近の「健康保険・厚生年金保険資格取得確認および標準報酬決定通知書」
以上のいずれか1点。また、写し可

雇用保険の加入を証明する書類は、

ア.許可申請時直前の「労働保険概算・確定保険料申告書」
イ.アにより申告した保険料の納入に係る「領収済通知書」
ウ.雇用保険被保険者資格取得等通知書(事業主通知用)」
ア、イはセットです。


未加入である場合

平成24年11月1日受付分から、許可・更新の許可申請時(全申請区分)の保険及び年金の加入状況確認により、未加入であることが判明した建設業者に対しては、書面による加入指導が行われます。

加入指導実施後、一定の期間を経て、加入状況の報告を求めます。

更に未加入である場合

さらに、未加入の建設業者について、保険担当部局へ情報提供されます。

適用除外

法人又は5名以上の従業員を雇用している個人事業主の社会保険の適用事業所であっても、健康保険の被保険者となるべき従業員が、年金事務所長の承認を受けて、「全国
土木建築国民健康保険組合」等の国民健康保険に加入している場合は、適用除外となります。

この場合の証明書類は、
ア.当該国民健康保険組合が発行する加入証明書  又は、
イ.法人・個人事業主の支払いに対する保険料領収書
です。

現在のところは、社会保険が未加入であっても許可取得は可能ですが、加入のための指導が行われ、それでも未加入が続くと担当社会保険担当部局に通報されることになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪府下で建設業許可申請を考えておられる方はご遠慮なくご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建設業許可の特定建設業

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可の特定建設業
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

建設業許可の特定建設業は、専任技術者と財産的基礎の要件が厳しい。


特に、必須条件の財産的基礎の要件、2、000万円以上の資本金と、4,000万円以上の自己資本額、75%以上の流動比率の確保、これに注意が必要。

資本金は減資しない限り、基準を下回ることはありませんが、自己資本額や流動比率は、景気の変動によって変わってきますので、毎年の決算時にはよくよく注意が必要です。

特定建設業許可を取得したので、許可年数の5年間はずっと維持される、と思われている方もたまにおられます。

決算変更届を作成していたら、流動比率が確保されてなかった!!なんてなれば、大変です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪府の建設業許可・経営事項審査申請なら江本行政書士事務所が一番
────────────────────────────

大阪市北区西天満5-1-15 西天満パークビル2号館
電話番号:06-6314-6320 / FAX:06-6365-6150

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

Home > アーカイブ > 2012-10

このページの先頭へ