Home > アーカイブ > 2011-02

先生ブログ|建設業許可経審申請が専門の行政書士のブログ

2011-02

最高の「相互リンク」の見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 最高の「相互リンク」の見つけ方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

相互リンクのページを作りました。 前のHPにでは、消極的でしたが、これからは積極的に。 最高の相互リンクを見つけたい方、 是非当HPへ!!

「大臣許可の標準処理期間」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「大臣許可の標準処理期間」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

大臣許可の標準処理期間について、「Q&A」にアップ致しました。

大臣許可の時間のかかることは、よく言われますが、整備局の担当者の皆さんは、少ない人数で、大臣許可という複雑な種類のお仕事を丁寧によくこなされています。  
昨今、「地方分権」と多くの政治家が声を上げておられますが、こういった分野も各都道府県に権限を与えた方が、申請者にとって利便があがり、処理についても効率的になるんのでは?と思います。

今のところ、まず無理だな、と思いますが・・・。 詳細をまとめてみました。

大臣許可の受付をしてもらったけど、待てど暮らせど通知書が来ない、と心配される方は沢山おられると思います。
許可を受けつけられたときから、許可証が発行されるまでの通常必要とされている機関を「標準処理期間」と言いますが、建設業での、大臣許可の標準処理期間は、知事許可の標準処理期間と比べて長いです。 国交省整備局は、大臣許可の標準処理期間をおおむね120日と定めています。
(1)都道府県が受け付けてから地方整備局に届くまでがおおむね30日
(2)地方整備局で許可手続を行う機関を、おおむね90日 合計120日。
ただし、「上記の期間は、適正な申請を前提にしており、形式上の不備の是正等を求める補正に要する期間を含まないものである。
また、適正な申請がなされていても、審査のため、地方整備局長等又は都道府県知事が申請者に必要な資料の提供等を求めてから、申請者がその求めに応答するまでの期間は含まないものである。」(国交省整備局HPより)

と、整備局は、補正や、地方公共団体等に資料の提出を求める場合の期間は含まない、としていますので、「120日以上かかりますよ。」というようなものです。

また、経営事項審査の標準処理期間は、地方整備局での手続期間を40日、ただし、補正に要する期間は除く。(近畿整備局HPより)としていますので、許可通知書よりも経審の結果通知書の方が早く届きますね。

建設業の報酬について

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業の報酬について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

当事務所の建設業についての報酬規定をアップ致しました。
最近は、ネット上で一部ダンピング競争の様な傾向があります。 確かに、報酬は安い方が良いに決まっていますが、建設業の申請には、クリアしなければならない問題が順々に沢山出てきます。
申請者と何度も細かく打合せを行わなければ、取得の道は遠くなります。
申請に取りかかっても、申請する作業は、まるで、もつれた糸をほどくようなところがあります。

当事務所は、そういった申請に関わる諸問題を根気よく一つひとつ解決し、また、できるだけ早く許可を取得し、お客様のご希望に添えることを目指しております。

大阪建設業許可どっとこむは、建設業許可の取得についての煩わしいお客様の実務上の諸負担を軽減し、そして、許可の早期の取得を目指しております。

お問い合わせは、こちらのお問い合わせページから

建築振興課の移転について最低限知っておくべき3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建築振興課の移転について最低限知っておくべき3つのこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

大阪府庁の建築振興課が5月2日に咲洲庁舎移転するということは、皆様既にご存じのことと思います。

大阪府庁咲洲府庁 住所 〒559−8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 地下鉄中央線「コスモスクエア」駅下車、南東へ徒歩約8分 ニュートラム南港ポートタウン線「トレードセンター」下車、ATCビル直結

賛否の意見のある中で橋下知事の大号令のもと、すでに建築振興課は5月2日には、移転し業務開始ということのスケジュール化は決められております。 それに伴い、Faxによる経審の受付が、平成23年4月28日(木)17時〜平成23年5月2日(月)9時まで行われません。 実務的には、現在の谷町の府庁に比べて、地理的にかなり交通の便が悪く、そして中央線に必ず経由しなければならないため、交通費と所用時間の負担が増える事が多くなる方が多いと思われます。 新しい庁舎の環境のもと、現在の雰囲気よりは明るくなるだろうと予測されますが、どんなものでしょうか。この意味では、多少期待はしております。 行政書士の感覚から言えば、行政書士は、今までは、府庁に近いからという理由で、谷町界隈に事務所を構える先生方が多かったのですが、今後は、その理由で谷町界隈に事務所を構える必要がなくなった、という事になります。 かくいう私も、府庁に近い天満橋から、昨年の暮れに現在の交通至便な南森町(西天満)に事務所を移転しました。(もっとも、私の場合は、他にも理由がありますが。(^_^)v)

建設業許可サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 建設業許可サイト
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

江本行政書士事務所の江本です。 建設業許可サポートサイトを作りました。 専門分野について、これで3つ目です。 不景気が続いていますが、皆様のお役にたてるべく、試行錯誤で行っていきます。 宜しくお願い致します。m(_ _)m

Home > アーカイブ > 2011-02

このページの先頭へ